【酷暑】世界でみられる異常気象 さらに学校現場の過酷な「夏ルール」とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ続く、日本の猛暑。暑い、暑すぎる!!

7月としては異例の事態で、18日には岐阜県多治見市で40.7度、美濃市で40.6度を観測し、国内で40度を超えたのはおよそ5年ぶりだということです。

さらに、20日には京都で7日連続の38度越えとなる38.6度を記録しています。

この厳しい暑さは週末も続くとみられ、引き続き熱中症に厳重警戒をする必要があります。

でも、この暑さは日本だけではなかったようです。世界でも異常気象が発生しているということなのです。

日本だけではなかった 地球全体を取り巻く異常気象

世界気象機関(WMO)の20日に行われた記者会見では、豪雨で甚大な被害が出た日本が、今度は猛暑に見舞われていることに触れつつ、北半球で7月中旬以降、記録的な高温を伴う異常気象が相次いでいるとしています。

WMOによれば、今回の異常気象は「気候変動の結果」との見方を示していますが、強い懸念を示しているようです。WMOの報道官は「日本は豪雨から猛暑に切り替わり、豪雨の被災者など脆弱(ぜいじゃく)な状況の人々への影響が危惧される」と述べています。

ノルウェーでは北部の北極圏で7月17日に、7月としては史上最高の33.5度を記録し、翌18日には別の場所で夜間の最低気温が25.2度と、熱帯夜に相当する気温を観測。ノルウェーでは南に位置する首都・オスロの7月の平均気温はおよそ15度と言われていますから、とんでもなく高い気温であったことがわかります。

また、スウェーデンでは7月中旬だけで、高温と乾燥による森林火災が約50件も発生。

まさに、異常事態であるといえます。



ツイッター上でも「地球おかしい」「オワタ」

ツイッター上でも、このニュースに関して

壊れる。

札幌より北極圏のほうが暑い7月なのか(困惑)

北極圏で33.5℃。。(;゜д゜)

海外逃亡しても意味ないやないかーい!!!

ノルウェーで33.5℃ Σ(oдΟ;)

地球がおかしい(´△`)↓

地球オワタ

などと反応。

小学生が熱中症で死亡 学校現場の過酷な「夏ルール」

そんな異常な暑さの中、17日には愛知県豊田市の小学校で小学校1年生の男子児童が熱中症で亡くなるという事故が起きました。およそ1キロ離れた公園で「虫取り」の校外学習を終えた後のことでした。

愛知県内には5日連続で、35度以上の「高温注意情報」が出ていました。

学校側も対策を立てていました。水筒を持参させ、こまめに水分を取るように指導していたといいます。また、体調不良を訴える児童には、声をかけて対応していたといいます。しかし、体が小さく、体力も十分にない小学1年生には厳しすぎる環境下にいたことは、容易に想像できます。

なぜ、この暑さの中で校外学習を実施したのか。

ここに、学校教育の「リスク」に対する価値観が関係しているかもしれません。学校現場に実際に存在する過酷すぎる「夏ルール」って何?

登下校中に水を飲んではいけない!?

ある小学校に子供を通わせる女性によると、学校の規則で水筒には水かお茶しか許されておらず、登下校中に飲むことも禁止されているといいます。学校側からはその理由を説明されていないというのです。

小学生にとって、重い荷物をランドセルに背負いながら、学校への通学路を歩くというのはとても大変なことです。そしてこの35度を超える暑さの中の登下校を、水分補給なしでしろ、というのは、あまりにも酷なのではないでしょうか。

愛知県の小学1年生の死亡事故をきっかけに、その学校でも19,20日の2日間は「特別」に登下校中も水筒から飲んでもよいと児童に説明があったとのことですが、そもそも水分補給することは「特別」なことなのでしょうか?



プールでは日焼け止め禁止!?

体育のプールの授業で、ある学校では日焼け止めを塗ることも、肌を守るためのラッシュガードを着用することも「原則禁止」されている事例があります。

学校リスクを研究している名古屋大学の内田良准教授も、この点を取り上げ、学校現場の健康リスクの軽視に関して警鐘を鳴らしています。

↓ウェブサイト PRESIDENT Online

http://president.jp/articles/-/25694?page=3&cx_referrertype=yahoo&yhref=20180721-00025694-president-soci

内田准教授は、

「『日焼け止め禁止』という学校があるように、教育現場では健康リスクより教育的効果が重視されている。その結果、重篤な事故が起きてしまう」

と指摘しています。

休み時間は外で遊べ!? しない場合は評価を下げる??

こんな過酷な気温の中でも、休み時間や昼休みに「外で遊ぶ」ことを強要されている児童たちがいるというのです。

小学校に男の子を通わせるある女性によれば、天気の良い日は「風邪などで具合の悪い児童以外」は外で遊ぶように指導されているといいます。しかし、ほかのクラスの児童の母親によれば、そのような決まりはクラスにはないといい、これは担任独自の指導というのです。

しかも、先生からは外遊びをしない場合は評価を下げると言われていて、子供たちも外で遊ばざるを得ない状況のようなのです。この女性は、暑さの中で息子を遊ばせることに心配しているといいます。

…なんなんだ、この指導は (;゚Д゚)

ネット上での反応 「考え方が昭和」「いじめなんじゃ」

このような学校現場の過酷すぎる「夏ルール」が、ネット上でもつぶやかれています。

そうなんですよ。のどがかわいても水が飲めない場所が日本にあることをなぜ今まで誰も指摘してこなかったのか。指摘しても相手にされてこなかったのか。

「子供は暑さ寒さなど吹き飛ばせ!外で遊ばせろ!でないと元気に育たんぞ!」こういう愚かしい精神論がいまだに蔓延る日本の学校教育は「恥ずかしい」です。

学校という組織は腹をくくって対応しないと今までのことを続けるという方針しかない

「熱中症対策に効果的と言われているスポーツドリンクなどは禁止されているが、その理由は説明されていない」

答え:嗜好品は子どもには贅沢だから

小中学校には訳が分からないルールが多い

子供を守ろうとしない学校なら、親の判断で休ませていいと思う。ここまでひどい学校あるんだ。教職員はエアコン効いた部屋でいつでも飲んでるんでしょ?

一言でいうなら「昭和」

イジメじゃないか。。。

現在の日本の異常なまでの暑さは、実は地球規模で起きているということでした。そして、この猛暑によって学校現場での悲しい事故が起きてしまいました。学校運営の方法そのものや、厳しすぎる「夏ルール」など、今になって社会問題となっています。確かに学校現場では、子供の安全よりも、「教育効果」に重きを置きすぎている、と感じます。子供たちは純粋に先生に言われたことを守ろうとします。でも、子供の命より大切なものはないはずです。保護者の声や意見が、もっと学校現場に届く環境整備が整えられるべきです。