高すぎる自動車税見直しのはずが… 逆に本末転倒過ぎて炎上

自動車にかかわる税金が議論される中、政府は将来的な見直し案として走行距離に応じた課税を検討していることが、27日にわかりました。

 

これまで、日本の自動車税が高すぎるとして、日本自動車工業会・会長の豊田章男さん(トヨタ自動車社長)が身を乗り出して改革を進めようとするなど、自動車税の改革について話題となっていましたが…

高額な税は若者が車から離れる要因に

若者の自動車離れが叫ばれて年月が経つのですが、その最大の要因となっているのが毎年納める必要のある「自動車税」。普通自動車であれば、排気量の大きさによって納める税額が定められていますが、これが世界的に見てもとても高額。

 

さらに、自動車購入時には「自動車取得税」、車検時には「自動車重量税」、ガソリン購入時には「消費税」がかかり、それに乗じた形で「ガソリン税」が上乗せされるなど、まさに税金まみれの現状となっているのです。

出典:【http://car-me.jp/articles/10542】

これでは、若い人たちが自動車を保有するのをためらってしまうのがよく理解できます。それよりも、もっと違うところにお金をかけたいと思うのも必然。



与党 自動車税の方法を見直しへ…走行距離に応じて!?

このような自動車税をめぐる現状に、与党税制調査会は「自動車税」の排気量に応じた課税に対して、新たな基準について議論。長期的な課税方法の見直しを検討し、12月中旬にまとめ、与党税制改正大綱に盛り込む予定であるといいます。

 

それが、走行距離に応じた課税といいます。

 

なるほどねぇ。…うん?乗れば乗るほど課税される仕組み!?

 

ということは、普段長距離乗る必要のある人たちにとっては不利になる仕組みなのでしょうか。そもそも、若者が自動車を手にしたら、遠くへ友人とドライブへ行きたくなるもの。

 

しかし、「税金がかかるから遠出はやめよう」とドライブをあきらめるケースも出てきてしまうかも(>_<)

 

 

ネット上では早くも炎上 「検討しないで」

Twitterでもこの「自動車税」見直し検討のニュースに対して反応が出ています。

 

 

 

…などなど、このニュースに対してはたくさんの反応が出ていますが、

国民のみなさん、憤っています。

わかるなぁ、その気持ち。

 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です