意外に知らない? 正しいコーヒーの飲み方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のために毎日コーヒーを飲む方、多いのではないでしょうか。

朝に起きたら1杯、通勤途中や仕事の休憩時に1杯、リラックスしたい時や物事に集中したい時に1杯など、様々なシチュエーションでコーヒーを飲みたくなりますよね。

今回は、毎日の生活の中で欠かせないコーヒーの様々な効果や、飲むタイミング、そして意外な活用法などをご紹介いたします。この記事を読めば、より一層コーヒーに親しみを感じるようになるかもしれませんね。



コーヒーには実に様々な効果が

コーヒーには様々な効果が実証されています。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、

  • 抗酸化作用が非常に高い
  • 脂肪燃焼効果がある
  • 集中力が高まる
  • ストレス解消が期待できる
  • がん予防に効果的

…などなど、これ以外にも健康に役立つ効能がたくさん。

でも、実はコーヒーの飲み方一つで、その効果を最大限引き出せるとしたら、どんなの見方があるのでしょうか。

コーヒーを最大限活用する方法

ではまず、コーヒーの効果をを最大限活用するための方法について取り上げていきましょう。

ここに紹介する方法は、いずれも今日からすぐに実践できるものばかりですので、コーヒーを飲む際はぜひ、自分に合ったの見方を実践してみることをお勧めします。

①コーヒーナップで眠気すっきり

一つ目が、「コーヒーナップ」です。

コーヒーナップって何ぞや?と思うかもしれませんが、これは

コーヒーを飲んだ後、昼寝を10分から20程度挟む

ことによって、眠気を覚まし、集中力をアップさせる方法のことを言います。

仕事中に急に眠気が襲ってきたときや、勉強や仕事の疲れが出てきたときに、この方法を活用することができます。以下のようにするとよいでしょう。

  1. 眠いなぁ。集中力を保ちたいけど、疲れてしまった…
  2. そうだ、コーヒーを1杯飲んで、10分だけ昼寝してみよう!
  3. zzzz…
  4. (10分後)目覚めすっきり、集中力アップ!

ざっくりこんな感じです。ぜひ1度、トライしてみてはいかがでしょうか。

②コーヒーを飲んで筋トレ効果アップ

コーヒーが筋トレ効果をアップさせる?そんなこと聞いたことがないと思います。

ある大学の研究で、女性を対象にした筋トレ実験を行いました。

  • 1週目はカフェインをとらずに筋トレ
  • 2週目はカフェインを摂取して筋トレ
  • 3週目は偽のカフェインを摂取して筋トレ
  • 4週目はカフェインを摂取して筋トレ

コーヒーの摂取量は、体重1キロあたり6ミリグラム(体重50キロなら、300グラム)。結果は、4週目に筋肉量の増加がみられる結果となりました

  • スクワットなどの下半身の筋肉量が大幅アップ
  • 上半身の筋肉量はそれほど変化はなかった

コーヒーを飲むことによって、下半身の筋肉量を増加させる見込みがあることが実験から判明したのです。

筋トレに効果的なコーヒーの飲み方は以下のようになります。

  • 筋トレの30分前に、1杯のコーヒーを飲む
  • 下半身トレーニング(スクワット)を行う

コーヒーには脂肪燃焼効果もありますから、トレーニングに最適な飲み物の一つであると言えます。



③コーヒーは迷わず「ブラック」を選択

コーヒーを飲む際に、ぜひとも気を付けておきたいこと。

それは、「ブラック」を飲むことです。

その理由は以下のようになります。

  • 砂糖を入れると、血糖値が上がって眠気が誘発
  • ミルク(コーヒーフレッシュ)は健康に悪い物質がたくさん

意外に知られていないのですが、コーヒーミルク(正しくはコーヒーフレッシュ)には、体に良くないたくさんの添加物が含まれています。

  • 乳化剤
  • 増粘多糖類
  • 香料
  • ph調整剤

などです。本来コーヒーの持つ素晴らしい効能が、ミルクを入れることで体にとって余計なものを取り入れてしまうのです。

無駄な添加物を取り入れることなく、コーヒーの効能を最大限生かすために、ぜひ「ブラック」コーヒーを飲むようにしましょう。

「朝起きたらコーヒー1杯」の真実

「朝起きたらまずコーヒー1杯」。こういう方は結構多いと思います。

でも実はこれ、間違っているんです。

その理由は以下のようになります。

  • 朝起きると、体内には「コルチゾール」が分泌。
  • 結果、血流を増加させ、脳を目覚める。
  • ここに「カフェイン」を取り込むと、「コルチゾール」と対峙
  • 結果、コーヒーの効能を生かせない

となります。人体には、朝起きた際に体を目覚めさせる機能がすでに備わっていますから、わざわざコーヒーをすぐに取り入れる必要はないのです。

ですので、以下の点に注意しましょう。

  • 朝起きたら、まずは水を一杯飲む。
  • 朝起きてから、90分ほどたってから、コーヒーを飲む

こうすることで、コーヒーの中のカフェインがうまく機能し、集中力をもって仕事や勉強に取り組むことができるようになります。ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

では、これまでの記事のまとめです。

  • コーヒーには様々な効能が。毎日コーヒーを楽しもう
  • 昼寝や筋トレにもコーヒーを活用して、コーヒーを最大限活用しよう
  • コーヒーを飲むなら断然「ブラック」 余計なものは入れないようにしよう
  • 朝コーヒーを飲むなら、起床後90分を目安に飲もう

いかがでしたでしょうか。毎日飲むことの多いコーヒーであっても、意外に知らないことばかりではなかったでしょうか。

健康のためにコーヒーは優秀な飲み物ですから、毎日の中で楽しみながら、健康増進に努めていきたいですね。ぜひ生活に当てはめてみてください。