【W杯】日本敗れるも…「彼らは敗者ではない」 選手とサポーターの行いに世界が感動!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドカップロシア大会の決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた日本。

その後の日本代表選手のロッカールームでの振る舞いに、世界が感動しています…

そのきっかけとなったのが、FIFAのゼネラル・コーディネーターを務めるプリシラ・ヤンセンスさんのツイッター。

日本代表選手の使用したロッカールームの写真を投稿し、次のようにコメント。

94分を戦ってベルギー代表に敗れたあとの日本代表のロッカールームなの。彼らはスタジアムのファンに感謝をし、(ベンチとロッカーを)綺麗にしたあとで、メディアの対応をしたの。しかもロシア語で『ありがとう』とのメモを残してくれた。まさに手本ね!

写真には、ロッカーの棚の上にロシア語で「スパシーバ(ありがとう) JAPAN」とメッセージが書かれた紙が残されています。

日本代表選手のこの行いについて、世界から

「ありがとうのメッセージは桁違いだ」

「地球上で最も尊敬できるよ」

「ブラボー、ジャパン!あなたたちは世界最高だ」

「arigato」

「真の勝者がいた」

といったコメントが多く寄せられているようです!




ツイッター上でも、

すげー感動したわ

コリャ国民みんなで共有したい。
これこそ日本の矜持❗

悔しいけど、こうゆうの本当に心打たれる。大好き!

ああもう、カッコ良すぎ。 誇りです。

ほんとに素晴らしいニュースなのでもう一度触れます笑 心が洗われる。

カッコいいよ日本代表…(涙)

ええ話や

と多くの感動を述べています。



さらに、日本サポーターのおなじみの光景となった、試合後のゴミ拾い。日本が敗れた後、泣いたり、うなだれたりする姿もありましたが、その後に気持ちを切り替えて清掃活動を行っていた姿に、海外メディアは改めて称賛しています。

  

Indy Football のツイッターから

イギリス紙・「The Sun」は

「彼らは敗者でないことを証明した」

「最高のゲストだ」

と取り上げました。

「USA TODAY」は

「負けても彼らの素晴らしい精神は無くならなかった」

とコメント。

Indy Football のツイートには反響が続々と寄せられ、

R.E.S.P.E.C.T. They are polite and humble people

(尊敬する!彼らは礼儀正しく、謙虚な人々だ)

Japan is the most respectable nation. LOVE IT!

(日本人は最も尊敬に値する国民だ。愛している!)

Sasuga Nihonjin!

This is why Tokyo is so clean for its size.

(東京があれだけ大きいのにきれいな理由が分かった)

とコメント。なんだかうれしいですね。

日本サッカーの勝敗にも歓喜や落胆はありますが、こういった日本サポーターや代表選手の行いが、世界中で賞賛され、感化されること自体が素晴らしいことではないでしょうか。国家の枠を超えた人との結びつきを感じます。まだまだベスト8の試合も残っていますが、日本サッカーが残してくれた大きな感動を忘れず、ワールドカップを楽しみたいと思います。