東京医大 女子受験生だけでなく浪人生にも合格者抑制…さらにひどい不正も…

出典:zakzak by 夕刊フジ

東京医科大学の入学試験における不正が、次々と発覚しています。

 

先日報道された、女子学生合格者抑制のための意図的な減点に続き、今度は3浪生に対しても意図的な減点を行っていたことが判明しました。

 

今回は、この東京医科大学の不正問題発覚にまつわる経緯と、これまでの報道についてまとめてみたいと思います。調べてみれば見るほど、大学入試制度に対する不信感が募ります…

 

ことの発端 前科学技術局長の子供の不正入学

東京医科大学の不正発覚の発端となったのが、前科学技術・学術政策局長である佐野太容疑者が自身の子供を不正合格させたとする事件。

 

この裏側にあったのは、文部科学省の私立大学支援事業でした。

 

東京医科大学は17年度にこの支援対象に選定されていましたが、前年の16年には同じ事業に応募し、落選していたのです。東京地検特捜部によると、東京医科大学は落選を避けるために、佐野容疑者に対象校に選定されるよう働きかけたとみて調査しているとのことです。

 

そして佐野容疑者は、その見返りに今年の入試で子供の点数の加算を求め、合格させていたとの疑いがもたれているのです。

 



女子受験生の得点を一律減点 「暗黙の了解だった」

東京医科大学の入学試験の不正はこれだけではありませんでした。同大学は、女子受験者の得点を一律減点し、合格率を下げていたという、考えられない不正が行われていたのです。入試事情を知る同大の関係者によると、

「2010年ごろには、暗黙の了解として得点を一律減点していた」

と言います。意図的な得点操作が、長年にわたって行われていた可能性がある、ということです。

 

さらにその方法として、女子受験者に対して、年度ごとに90%85%などと数字を決め、マークシート方式の1次試験の得点に乗じて減点していたといいます。

 

なぜそんなことが行われていたのでしょうか。女性は結婚や出産を機に職場を離れる場合が多いため、系列病院などの医師不足を回避する目的で得点を操作し、女子受験生の合格者数を意図的に減らしていたとされます。

 

それだけではなかった… 今度は3浪生の意図的抑制が発覚

まだまだとどまりません。今度は、同大の内部調査によって3浪生の男子合格者を、減点など意図的に合格者数を抑制していたことが発覚しました。

 

さらに不可解なことには、なぜか5人前後の特定の受験生には加点していたことも発覚したのです。

出典:朝日新聞デジタル

この一連の得点の捜査は、臼井正彦前理事長(77)の指示によってなされていたことも判明。

 

…ひどすぎじゃないですか?ヤクザでしょこれは(゚◇゚;)!!!

 



さらにひどいことに…女性医師の支援事業から補助金を受ける

いやいや、まだありましたよ…東京医科大の不正。というか、これからも見つかるのでしょう。

 

というのも、女子受験生の得点操作による合格者抑制とともに、2013年には女性医師や研究者の育児と仕事の両立を支える国の事業に選ばれ、3年間でおよそ8000万円の補助金を受けていたことが判明したのです。

 

この事業は、文部科学省の「女性研究者研究活動支援事業」というもの。その名の通り、女性の活躍支援のための政府の支援事業であり、東京医科大学には

女性研究者の出産や子育てと、臨床や研究活動の両立支援のため

13年から15年にかけてこれだけの支援金が交付されたとのことです。

 

同大によれば、出産育児を抱える女性が増えることを見越し、勤務体制の改善や保育支援などのために補助金を申請したといいます。

 

ヾ( ̄o ̄;)オイオイ…女子学生意図的に減らしてたんでしょ?意味が分からない…

 

ネット上でも話題沸騰 「これはひどい」「メチャクチャ」

この、東京医科大学の前代未聞の不正に、ツイッター上でも非常にたくさんの意見が交わされています。

「女性活躍」の補助金を受け取っておきながら、女性を差別していたのですか。どう考えても補助金の不正詐取でしょう。面の皮が厚すぎませんか?東京医大さん。

 

「どうせ結婚や育児で女は医師を辞める」と女子受験者の得点を減点していた東京医大が、女性活躍に貢献していると国から8000万円もの補助金を貰うとか何の冗談だよ…。

 





 

ひどい話だ。そして、女性活躍の交付金というのもがいかに適当なものになってしまっているかもよくわかる。

 

不正入学はさせるし、差別はするし…。
どうしようもない学校だね。腹立たしい。

 

補助金受けながら、真逆の対応。本当に酷い。

 

究極のブラックジョーク

 

メチャクチャ。

 

まだまだたくさんのコメントが存在しますが、皆さん、ほんとに怒りを覚えているようです。やっていることがひどすぎです。

 

…もうこれ以上、コメントが出てきません…



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です