【甲子園】大阪桐蔭史上初の2回目春夏連覇! 金足農の粘り強い戦いに日本中が感動!!

大阪桐蔭の強さ光る 金足農も粘り強くプレー

第100回を記念する夏の全国高校野球決勝は21日、大阪桐蔭と金足農業との歴史的な対戦が行われ、13-2で大阪桐蔭が優勝。これにより、春の高校選抜とともに2連覇を達成し、2度目の春夏連覇という史上初の快挙を達成しました。

 

昨年の夏は3回戦で、仙台育英と対戦した際、悔しいサヨナラ負けを喫しました。中川主将は当時のくやしさを今でも忘れず、この大会に向けて春夏連覇を目標にチームを鍛え、導いてききました。その悔しさを、今回は見事な春夏連覇という形で晴らし、伝説となる記録を残すことになったのです。

 

そして、秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を果たし、準優勝を遂げた金足農業。エースの吉田投手は5回で降板。

「全く歯が立ちませんでした。決勝で勝ちきれず、悔しいです」

と号泣し、悔しい思いを打ち明けました。

出典:スポニチアネックス

秋田大会から甲子園の準決勝まで一人で投げ抜き、疲労も蓄積していたのは事実。

「4回から足が動かなくなった」

と述べるも、

「周りの励ましの言葉のおかげでここまでこれた。甲子園は自分たちを強くしてくれた

と感謝の言葉を語っていました。

 



 

全国各地から金足農の戦いに反応 「感動」「最高の夏」

今年の甲子園の決勝戦に、日本中の熱い視線が向けられていました。ツイッターから、反応を見てみましょう!

まずは秋田放送のツイートから…

そう、この試合、見てるだけで感動してしまいました。そして、

空にはこんな光景が…

なんか、これを見ると奇跡としか言いようがありませんね。

 

 

大阪桐蔭の相手チームへの配慮が光る甲子園だったと思います。

真摯なプレーは称賛に値します。

 

 

吉田投手、ほんとによく頑張りました。感動します。

 

…伝令のまさかのボケww 




 

今年の甲子園決勝からも、多くの感動を与えてもらいました。奇跡といっても過言ではない2項の対戦。日本中が注目する試合で、両校の選手は力を出し尽くしたと思います。そして、彼らの野球に対する情熱と純粋な気持ちを、ぜひ見習いたいと感じました。ありがとう!!



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です