続【NHK受信料】「合憲」 未払い世帯に影響!?

NHK受信料の支払いに関する裁判が、6日についに決着がつきました。

 

 

 

判決は、「合憲」。テレビがあればNHKと契約を結ぶ義務がある、と最高裁は認め、

 

男性の「受信契約を定めた放送法の規定は「契約の自由」を保障する憲法に違反する」とした上告を退けた形となりました。

 

最高裁は判決理由で、「国民の知る権利を充足する目的にかなう合理的なもの」などと指摘し、契約の自由を定めた憲法には反しないとしたのです。

 

結果、男性はテレビ設置にさかのぼって、受信料を支払うことになります。

 

懸念されるのは、約900万世帯あるといわれる、テレビを設置しているのに受信契約に応じていない世帯への対応

このことに関しては、

NHKの主張:「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する

 

最高裁判決:「裁判で契約の承諾を命じる判決が確定すれば成立する

 

 

つまり、判決ではNHK側の主張を退け、

 

受信契約を拒否する世帯から受信料を徴収するためには、今後も個別に裁判を起こさなければならないとしたのです。

 

 

今回の最高裁判所判決によって、

NHKに受信料未払いを訴えられた場合、テレビ設置から遡って支払わなければならない

ことが確実になりました。

 

 

様々な意見が、Twitter上で飛び交っています。

当たり前です。つべこべ言わず受信料は払いましょう。払わない理由を正当化するために文句を言うのではなく、言いたいことが有るのなら払うものを払ってから言わないとね。

 

テレビがあるだけで金取られるってひどいもんだよな。

 

NHK側は「放送法が定める『豊かで良い放送』をするために受信料制度は不可欠で、

NHKが豊かでよい放送??
多くの国民がそうは思ってないから払いたがらんのだろ…

 

半強制的に徴収するなら、新社屋に3400億もかけるの止めて下さい。

 

なら家にテレビ置かない!って若い人が増えて、またテレビ離れが起きそう。なんで時代に合わせた解釈で改憲していかないんだろ。政治が悪すぎる

 

新興メーカー「うちの新型TVは、民放だけ受信できる【NHK受信不可モデル】があります!NHKの受信契約・受信料支払いを合法的に拒否できます!!」

爆売れ必至。

 

もうこの論議止めて欲しい。NHKはスクランブル放送にすればいいだけ。放送垂れ流しで受信料をよこせという話は間違っている!

 

「公共の福祉」を元にして合憲を出したのか。
つまりは「自分勝手はダメよ」ってことか。

 

NHKはもうぶっ壊すしかないね。

 

…などなど、今回の件については意見が絶えないようです。

 

【まとめ】

そもそも、NHK受信料は「国民の義務」感が強い感じがします。

 

それでいて、受信料徴収は「テレビ設置にさかのぼって」…

 

なんだか、やっていることが古臭く感じてしまうのは、私だけでしょうか?

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です