あなたの頭脳をフル回転させる 3つの最強の食材とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験を目前にしている受験生なら、合格に向けて記憶力・集中力を高めたい。

資格を取りたいと考えている社会人なら、勉強効率を上げて脳の機能を最大限引き出したい

このようにお考えになると思います。

もし、食べる食材を変えるだけで、あなたの頭脳をフル回転させることができたら、どうですか?本当にそんな食材はあるのでしょうか。

答えはYES。あるんです。

では、その食材は何だと思いますか?少し考えてから、以下の記事を読むと面白いかもしれません。では、あなたの脳をフル回転させる3つの食材をご紹介します。



 
1番のおすすめ食材 それは○○!

1つ目の食材、それは「ほうれん草」です!

1日150グラムほどのほうれん草を取ることが勧められていますが、こうすることによって脳が11歳若返るという研究結果もあるほど。

ほうれん草には脳機能を高める物質「ビタミンK」「βカロチン」「葉酸」など豊富な栄養素が含まれています。

「βカロチン」は肌をよくすることでも有名で、「葉酸」はメンタルを安定させるためにも必要な栄養素であるということです。

また、「ビタミンC」も豊富です。まさに、食べなきゃ損!といった素晴らしい食材なのです。

出典:https://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/pbmgm/zukan/yasai/horenso.html



筋トレする人にはすでにおなじみの○○!

2つ目の食材、それは「ブロッコリー」です!

ブロッコリーにも「ビタミンC」や「ビタミンK」、「葉酸」などの健康には欠かせない栄養素が豊富に含まれているのですが、特に注目に値する栄養素が「スルフォラファン」という物質です。

この「スルフォラファン」、アブラナ科の野菜に含まれる物質で、研究によるとがん予防に効果があることが知られています。

さらに、認知機能を高めることや、筋肉をつけるのにも非常に効果があることが知られていて、筋トレする人たちの間ではブロッコリーを食べてトレーニングすることも広く認知されているそうです。

実はほとんど知られていない正しい食べ方とは?

実は、このブロッコリー、食べ方が重要なのです。

というのも、脳機能を高める「スルフォラファン」を最大限取り入れるためのコツがあるためです。

通常、ブロッコリーはゆでて食べることが大半だと思います。しかし、これでは「スルフォラファン」をほとんど摂取できません。

正しい食べ方は、「生で食べる」こと!

でも、なんで?と思いますよね。




「スルフォラファン」はアブラナ科の植物が傷つけられたときに、自分の身を守るために放つ物質であることが知られています。

この物質を上手に摂取するために、ブロッコリーを細かく刻んでおくことで、「スルフォラファン」を放出することができます。

さらに、「スルフォラファン」は揮発性のため、逃がさないためにラップをかけることも重要です。

そして、30分ほど経過したら、食べるのです。

ポイントは、

ブロッコリーは刻んだ後にラップして30分ほど放置して生で食べる

ぜひ実践してみてください!!



実は結構意外な○○

3つ目の食材、それは「ブルーベリー」です!

出典:https://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/pbmgm/zukan/kajitsu/blueberry.html

ブルーベリーは「目にいい」とよく言われていますが、それ以上にすごい効果があるのです。

それは、「記憶力を最大限に高める」効果!!

これは、受験生や資格を取ろうとする人には特におすすめの食材です。

研究によると、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」が、脳の神経伝達レベルを最大化するということが判明したそうで、

実験でブルーベリーを食べ続けた人たちは、新しいことを学びやすくなり覚えたことを忘れづらくなるという結果になったそうです。

まさに、勉強するときには必ず必要となる、最強の食材なのです!

難関大対策なら、添削指導とオンライン1対1個別指導の【Z会Leadway】

いかがでしたか?脳機能を高める食材はほかにもたくさんありますが、これら3つは結構意外ではなかったでしょうか。正しい食材を食べることで、私たちのもつ能力を最大限引き出せるのなら、食べない選択肢はないのでしょうか。ぜひ、食べてあなたの脳機能を最大化させてみてください。今まで想像もしなかった、新しい人生が切り拓けるかもしれません。