【受験】合格に近づく! 試験会場に持っていくべき食物・飲物5選 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験本番が近づいたとき、勉強してきたことを最大限発揮するための助けとなる食べ物、飲み物は何か。受験会場にぜひ持っていきたいものを取り上げました。

試験会場でパフォーマンスを最大化したい人や、集中力を発揮したい人は必見です。また、普段の勉強や作業する際の効率を上げたい方にもおすすめです。

試験会場に持っていきたい食べ物・飲み物5選

一つ目のおすすめは、「水」です。

これは意外?

実は水は、人間の脳の機能を高め集中力を持続させ記憶力を高めることがわかっているということです。

そもそも、人間は水分がわずかに少なくなるだけで、脳の知的パフォーマンスが低下します。しかし、冬場はのどが渇くこともあまりなく乾いても気づかないことも多いもの。

水を飲む頻度は、「のどが渇いているから」飲むのではなく、「合間にこまめに」摂取することが大切で、これだけでかなり集中力がアップします。飲む量も、ひと口含む程度でOK。

これだけで試験で最大のパフォーマンスを発揮できるのであれば、試験会場に持って行かない手はありません。ぜひ、水をこまめに摂取しましょう。



ナッツ

2つ目のおすすめは、「ナッツ」です。

ナッツには、多くのたんぱく質が含まれます。特に、不飽和脂肪酸は脳が活性化される重要な栄養素と言えます。

ナッツは、食べても血糖値が上がりにくい(徐々にあがる)ため、脳に必要な栄養を効率よく摂取でき、集中力を持続させることができるのです。

こちらも、試験会場に持っていったら、こまめに食べることをお勧め。お昼時に小腹がすいたときや、試験で少し疲れを感じたら、その都度食べるようにしましょう。ただし、食べすぎには要注意。少しずつ食べるようにしましょう。

カカオチョコレート

3つ目のおすすめは「カカオチョコレート」です。

カカオチョコレートに多く含まれている「カカオポリフェノール」は、脳の栄養を補い、脳の機能を促進させる効果を持っています。

また、「カカオポリフェノール」を摂取すると、ストレスにも強くなるという研究もあるそうです。試験会場で食べれば、緊張を和らげてくれる効果が期待できる!ということでしょう。

さらに、カカオチョコレートに含まれる「デオブロミン」にはリラックス効果があります。合間に食べることによって脳にリラックスを与え、集中力を持続させることが期待されます。まさに、試験会場にはもってこいの食材。

ちなみに、カカオチョコレートは含まれる糖分が少なめで、カカオの成分が多いものが良いでしょう。通常のチョコレートには糖分が多く含まれ、摂取することで血糖値が上昇、結果集中力が低下したり、眠気を誘う原因にもなります。



ドライブルーベリー

4つ目のおすすめは、「ドライブルーベリー」です。

出典:https://tomiz.com/item/00207102

ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」には、脳の伝達機能を最大化させる効果があります。

まさに受験生にはうってつけの食材。

すごい食材です。食べない手はない!

これを手軽に、試験会場に持っていけるのがドライブルーベリーです。

 

ほうれん草

最後におすすめなのが「ほうれん草」です。

ほうれん草には、脳機能を高める「ビタミンK」「βカロチン」「葉酸」などの豊富な栄養素が含まれています。

さらに、「ビタミンC」も豊富で、栄養価は抜群!

ごまや鰹節でおひたしにして、昼食で食べれば、ポパイのようにあなたは最強となるでしょう。

以上、受験会場に持っていきたい食材を紹介しました。ほかにも、栄養価が高い素晴らしい食材はたくさんあります。どの食材も、私たちの脳機能を高める可能性が大いにあります。受験という険しい道のりを効率よく乗り越えるためにも、ぜひこういった食材を味方にして、自身の能力を最大限発揮してもらいたいものです。がんばれ受験生!