健康と若さを保つために取り入れたい食材とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は歳とともに老いてしまうものですが、出来るだけ若さを長く保ちたいと誰もが考えますよね。

若さを保つためには規則正しい生活習慣適度な運動が大切となりますが、食習慣の中にも若さを保つために重要なポイントが含まれていますよ。

老化を防ぐには抗酸化作用

老化は、活性酸素により人間の体・細胞がサビてしまうことで起こります。

この老化の原因となる活性酸素は本来、体内のウイルス・細菌を除去してくれる役割を持っています。しかし体内で活性酸素が増えすぎてしまうと、酸化力が強い活性酸素は肌・細胞をサビさせ老化現象を引き起こしてしまいます。

活性酸素が増えてしまう要因としては「ストレス」、「タバコ」、「紫外線」など何気ない日常生活が活性酸素を増やす原因となっています。そのため、老化を防止するには体内で活性酸素が増えすぎないようにする必要があります。



抗酸化作用をもつ食材は?

活性酸素の働きを抑えるためには、「抗酸化作用」がある食べ物を日頃から取り入れることが大切です。抗酸化作用を持つ成分としては、主にビタミンCビタミンEリコピンセサミノールなどが挙げられます。

これらの抗酸化作用を持つ食材として代表的なのは、人参トマトなどの緑黄色野菜やキウイ・みかん・レモンなどのフルーツですね。

日頃の食事にほうれん草炒めやサラダなどの緑黄色野菜を使った一品と、デザートにフルーツを付け加えることで、体内の活性酸素の活動が抑えられ老化防止をすることが出来ますよ。

ぜひ、積極的にこれらの食材を取り入れ、健康な人生を送っていただければと思います。