ダイエットに取り入れるべき食習慣の改善法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットしたいけどなかなか痩せられない、成功してもリバウンドしてしまうという理由で悩んでいませんか。

ダイエットといえば運動や食事制限をイメージする方も多いですが、この二つの方法はストレスが原因の暴飲暴食を引き起こしやすく、よほど意志が固い方でない限り、ダイエット成功は難しいのが現状ですよね。

そこで注目していきたいのが「食習慣」です。食習慣の改善を毎日見直すことで、コツコツと効果的にダイエットすることが可能となりますよ。

食習慣の見直しでダイエットする方法①「食べ方」

食習慣見直しでダイエットする方法その1は「食べ方を改善する」ことです。

まず、一番やってはいけない食べ方が「早食い」です。

仕事で忙しい朝などについつい食べ物を早く食べてしまいがちですが、早食いで食べた物は良く噛んでいないため、消化しにくく吸収もしにくくなります。その結果、ポッコリお腹を引き起こす原因となります。

食事の時間にゆとりを持ち、良く噛んで食べることで消化・吸収にも良く、少量でも満腹感が得られます。



食習慣の見直しでダイエットする方法②「1日3食」

そして、その2は「一日3食を守る」ことです。

一回の食事を消化するまでに約4~5時間ほどがかかります。食事から最低でも4時間ほどの時間を空けないと胃の中に物が溜まってしまい、消化器官の正常な働きは出来なくなってしまい肥満へと繋がっていきます。

そのため、朝・昼・晩の3食を守って食事をすることがダイエットには欠かせません。仕事などで忙しく、少し食事時間がズレたとしても一度の食事から最低でも4時間ほど空けて消化・吸収に負担をかけない食習慣を身につけましょう。