池江璃花子選手が白血病を公表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月12日に、競泳女子でアジア大会6冠を記録した、池江璃花子選手が自身のツイッターで、白血病であることを告白し、日本中に衝撃が走りました。

以下が、池江選手のツイートになります。

池江選手自身も、信じられないといった心境。同時に、治療に専念して、必ず競技に戻るという意思も感じられるツイートでした。

年始から感じていた異変 「疲れの抜けが遅く」

2019年は、1月13日に東京都で行われた「三菱養和スプリント」が初レースでした。

100メートルバタフライでは、1分00秒41というタイムで、自己ベストである56秒08に比べかなり差のあるタイムで、その後に出場予定だった200メートル自由形は棄権することに。

レース後には

「自分でもびっくりするくらいタイムが遅かった」

「体のだるさを感じることが多くなっている。去年に比べるとだいぶ疲れの抜けが遅くなっている

と話していました。

池江選手自身はこの時、疲労が原因であろうと考えていたようです。昨年の大みそかには紅白歌合戦の審査員として活躍し、年明けも表彰式の出席など多忙を極めていたためです。

しかし、指導する三木コーチは

「今まで自分が調子悪かったときは1、2日で治っていることが多かったが、長引いているのは心配」

と、池江選手の体調を不安視していたといいます。



白血病とはどんな病気

池江選手が発症した「白血病」は、血液のがんと言われる病気です。

国立がんセンターによると、1年間にがんと診断される15~19歳で約900人(男子500人、女子400人)、がんの種別では15~19歳で白血病が24%で最も多いといいます。

血液細胞には赤血球、白血球、血小板があり、これらの血液細胞が骨髄で作られる過程で、がんが発症します。がん化した細胞は骨髄内で増殖し、骨髄を占拠。

結果、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系の働きの低下、脾臓の肥大などの症状が現れます。

白血病の治療法は薬物療法と移殖糧法があります。薬物療法には分子標的治療薬化学療法インターフェロン‐α療法があり、白血病細胞を減少させ、症状を抑えます。

また、移殖糧法には造血幹細胞移植というものがあり、健康な造血幹細胞を移植して、造血機能を回復させるという治療法です。

白血病を完治させるのは一般的に難しいとされています。完治させるための唯一の治療法は造血幹細胞移植であるといわれ、症状に合わせてその他の理療を用いていきます。

渡辺謙さんも 世間からの反応「祈っています」

このニュースに、世間から大きな反応が起こっています。

俳優の渡辺謙さんは自身のツイッターで以下のように述べています。

また、そのほかにも多くのツイートが。

最近まで元気な姿を見せていただけに、今回の発表には驚きを隠せません。しかし、しっかり治療すれば、また競泳で素晴らしい活躍を見せてくれるに違いありません。治療に専念して、また元気な姿が見れることを楽しみにしたいですね。