ヨーグルトに一工夫するだけでダイエット効果が高まる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身体に良いとされているヨーグルトですが、実はちょっとした工夫をするだけでダイエット食品にもなります。作り方は簡単。じつは、ヨーグルトを電子レンジで温めるだけでOKなんです。

ホットヨーグルトダイエットを実践するには、まずホットヨーグルトを作るところから始める必要がありますが、ただ温めれば良いというわけではありません。

重要なのは、温めすぎないことです。というのも、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、温めすぎると死んでしまうためです。



せっかくヨーグルトを食べるのに、身体に良い乳酸菌が死んでしまうのはあまりに勿体ないことです。

乳酸菌を殺さないためには、電子レンジで加熱するのは1分程度に留めるようにしましょう。厳密な加熱時間は電子レンジの性能によって変わってきますが、人肌程度を目安にすると良いでしょう。

電子レンジで温めたヨーグルトは、スプーンで軽く掻き混ぜて滑らかにするとより美味しくなります。

冷たくても十分美味しく栄養価も高いヨーグルトを、あえて温めるのには理由があります。

まず第一に、ヨーグルトに含まれている有効成分をより効率的に吸収できるようになること。特にカルシウムの吸収率が上がるので、体内に脂肪が蓄積するのを抑えます。冷え性の人が多い女性には、冷たいヨーグルトよりホットヨーグルトの方が身体にも優しく、胃腸の働きを活発にします。

また、加熱することで中性脂肪やコレステロールを減少させることもできるので、ダイエット効果が期待できます。