家族や友人と楽しもう! 数字にまつわるオモシロゲーム5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族や友人と、楽しいひと時を過ごすための、あまり知られていない数字にまつわるおもしろゲームをご紹介します。

どれも、大勢で楽しんだり、1対1で楽しんだり、とにかく数字で盛り上がるゲームとなっていますよ。



戦略が大きなカギとなる 頭脳派ゲーム「アルゴ」

こちらは、「頭の良くなるゲーム」と称される「アルゴ」。

アルゴ

新品価格
¥1,900から
(2019/5/13 21:46時点)


ルールをざっくりいうと、

  • 1から11の白と黒のカードを、数字が小さい順に裏面で配置。
  • 相手の数字を予測し、当てる。
  • 当てられれば、ポイント。これを続け、すべての数字を当てられたら、ポイント精算。

このゲームは、論理的に考えたり、推測したりすることが求められるゲームです。

ポイント制で勝敗を決めるので、勝つことよりもポイントを稼ぐことのほうが大切だったりします。

頭を使いたい方にお勧めのゲームとなっています。

1対1のやり取りで心理戦がおもしろい 駆け引きゲーム「ヌメロン」

こちらは、数年前テレビでも話題になったゲーム「ヌメロン」です。

ヌメロン カードゲーム

中古価格
¥9,466から
(2019/5/13 21:47時点)


現在は商品が絶版となっているのか、アマゾンの中古価格が高騰しています。

ルールは以下の通り。

  • 1対1で勝負。自分の3桁の数字を決める。
  • 順番に相手の数字をコール。
  • 3桁の数字を位までそろえてコールしたら、勝ち。

相手の心理を読みつつ、数字の配列を考えつつ、単純だけど奥が深いゲームです。

一度やり始めると、ドはまりする要素がこのゲームにはあります。

簡単ルールなのに奥が深い 盛り上がりゲーム「ハゲタカのえじき」

こちらは、ボードゲーム界の巨匠、アレックス・ランドルフ作の数字ゲーム。

ハゲタカのえじき (Hol’s der Geier) 日本語版 カードゲーム

新品価格
¥1,400から
(2019/5/13 21:49時点)


ルールは次の通りです。

  • 各人、1から15の数字のカードを手元に持つ。
  • 場に提示された「ハゲタカカード」を手に入れるべく、手札の数字を出す。
  • 「ハゲタカカード」を手に入れるには、最も大きな数字を出す(+のハゲタカカード)、あるいは最も小さな数字を出す(-のカード)必要がある。
  • 同じ数字のカードが複数枚場に出された場合、ハゲタカカードは手に入らない(バッティング)

実際にやってみると、「バッティング」のルールがとても面白い!
頭脳系カードゲーム『ハゲタカのえじき』で遊んでみた!【毎日19時!立石学園】 – YouTube
大きな数字を出して、ハゲタカカードを手に入れようと思っても、他の人と数字がかぶってしまうと、手に入れられないのです。

単純なのに奥が深い。ランドルフ作品は面白いですね。

自分の数字を予測せよ 思わず黙り込む推理ゲーム「Domemo」

こちらも、アレックス・ランドルフ作の数字ゲームです。

ドメモ(DOMEMO)木製タイル版 / クロノス / アレックス・ランドルフ

新品価格
¥2,484から
(2019/5/13 21:50時点)

ルールは以下の通り

  • 用意されたタイルは1が1枚、2が2枚、…7が7枚の合計28枚
  • 自分のタイルにどの数字があるかを、自分で当てる。
  • ヒントとなるのは、相手の数字と場に出された数字。自分の数字をすべて言い当てたものが勝ち

4人以上で行うと、非常に面白い推理ゲームです。

DOMEMO ドメモ 幻冬舎エデュケーション – YouTube

場に出た数字や相手の数字はもちろんですが、他のプレイヤーが言う数字や発言が、大きなヒントになることもしばしば。

こちらも、単純ではあるものの、非常に奥深く、一度始めたらやめられないゲームです。

テンポよくゲームが進む 足し算ゲーム「Neu」

最後に、大人数で盛り上がれるゲームが「Neu(ノイ)」です。

ノイ (Neu) カードゲーム

新品価格
¥1,366から
(2019/5/13 21:50時点)

ルールは単純。

  • 手札は3枚。数字カードを順番に出す。
  • 場に出された数字を足していき、101を超えないようにする。
  • 101以上となるようなカードしか手札になければ、負け。

このゲームの最大の面白さは、「あっという間に決着がつく」点です。

ノイ(neu)カードゲーム – YouTube

極端な場合、一番初めの人が「101」カードを出し、次の人が出せずに終了。という場合もあるほど。

大人ももちろん、子供でも楽しめる、スピーディかつ盛り上がり要素の強い、おすすめのカードゲームです。

まとめ

以上の記事を簡単にまとめたいと思います。

  • 頭を使う頭脳派ゲームを望むなら「アルゴ」
  • 1対1の心理戦 白熱の数字当てゲームは「ヌメロン」
  • 単純だけど奥が深い 「ハゲタカのえじき」
  • 自分の数字を当てる 推理力も必要な「Domemo」
  • スピーディさが面白い! 足し算ゲーム「Neu」

世の中にはまだまだ数字にまつわるゲームがたくさんあって、こういった数字にかかわる娯楽にも、筆者は非常に関心を寄せています。

家族みんなで、友人たちとともに、数字を使ったゲームで盛り上がりましょう!