ぜひとも食べたいおすすめのおやつ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社や学校のちょっとした時間に、ついつい食べたくなる「おやつ」。

できることなら、体にとっていいおやつを食べたいですよね。今回は、おやつとして食べることで、うつ病の症状が和らいだり、メンタル改善などに効果がある野菜と果物をご紹介。

この中のどれかをおやつとして食べることで、これまでより気分が改善されることが期待できます。ぜひお試しあれ!



メンタルが向上するおやつ① 野菜編

まずは、おやつとしておすすめの野菜をご紹介。これらの野菜は、食物繊維を効率よく摂取するため、生で食べることをお勧めします。(食材によって例外あり)

ニンジン

栄養素 βカロテン カリウム

一言メモ:βカロテンを多く含み、免疫力を高め、抗酸化作用があります。風邪予防やがん予防、高血圧予防などにも効果あり。

ほうれん草(葉物野菜)

栄養素 βカロテン カリウム ビタミンC ビタミンK 鉄 葉酸

一言メモ:鉄やカリウム、ビタミンが豊富なほうれん草は、最強のおやつ食材と言えるかもしれません。健康には欠かせない食材。

レタス

栄養素 カリウム 葉酸

一言メモ:カリウムが豊富で高血圧予防に効果が期待できます。造血作用のある葉酸もたくさん含んだ、健康維持に役立つ食材。

きゅうり

栄養素 カリウム

一言メモ:

あまり栄養価が高くないと思われがちですが、カリウムを多く含み、高血圧や生活習慣病の予防に効果が期待できます。メンタル改善に非常に良いとされ、おやつに最適!

かぼちゃ

栄養素 ルテイン βカロテン ビタミンE カリウム

一言メモ:

かぼちゃは熱を加えても栄養素が壊れにくいため、調理しても気分の改善が期待できる食材です。がん予防や免疫力アップに効果があるβカロテンが豊富で、血圧を抑えるカリウムもほうふですから、生活習慣病対策にもおすすめです。

ブロッコリー

栄養素 ビタミンC ビタミンK 葉酸 スルフォラファン

一言メモ:ブロッコリーは生で食べることができますが、その場合は細かく刻んで食べるとよいでしょう。その際発生するスルフォラファンは、筋トレの効果を高め、がんの抑制効果が高まることが期待できます。

なす

栄養素 ナスニン

一言メモ:ナスニンというポリフェノールの一種である栄養素は、発がんを抑える抗酸化作用があるとされます。調理する際は、皮ごと使うとよいでしょう。

メンタルが向上するおやつ② 果物編

次に、メンタル向上に役立つ果物をご紹介します。野菜と同様、生で食べることが最も効率よく栄養素を取り入れることができます。必要に応じて、食べやすいよう加工することもできるでしょう。

バナナ

栄養素 カリウム 食物繊維 マグネシウム

一言メモ:カリウムが豊富に含まれており、血圧上昇を抑える効果が期待できます。食物繊維も豊富なので、便秘改善にも効果あり。栄養満点の果物の代表格です。

リンゴ

栄養素 食物繊維 カリウム カテキン ケルセチン

一言メモ:リンゴにはカテキンが含まれ、抗酸化作用があります。高血圧や老化抑制、がん予防にも期待できます。ケルセチンは動脈硬化やがん予防にも効果が期待できる成分で、健康に非常に良い栄養素がたくさん。皮ごと食べることがおすすめです。

オレンジ・レモン(柑橘類)

栄養素 ビタミンC カリウム クエン酸

一言メモ:オレンジにはビタミンCがたくさん含まれているため、美容効果が高い果物として有名です。クエン酸は疲労回復にも効果あり。

ベリー系(ブルーベリー・ラズベリー等)

栄養素 カリウム アントシアニン

一言メモ:ベリー類にはカリウムとアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは、眼精疲労の軽減に効果的で、集中力をアップさせる効果もあり。おやつにはもってこいの果物です。

キウイフルーツ

栄養素 ビタミンC カリウム 食物繊維

一言メモ:ビタミンCが豊富で、カリウムも多く含むのが特徴です。食物繊維も豊富に含まれ、便秘改善にも良いとされます。美容効果が高い果物です。

まとめ

いかがでしたか?今回はメンタル改善に効果があるとされる野菜と果物をご紹介しましたが、そのほかにも豊富な栄養素がたくさんあって、目的別におやつとして採用してもいいかもしれません。

野菜や果物は、そのまま生で食べることが理想です。もちろん熱を加えたり、加工して持ち運びやすくしてもOKです。その際は、なるべく食物繊維を壊さないよう工夫することが望ましいでしょう。

おやつに野菜、果物。メンタル向上に、健康的な体を目指すために、ぜひ取り入れてみてください!