【財務省】山梨の国有地 評価額の1/8で売却 50年無断使用黙認!?どういうことだ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨の国有地を、土地を管理する財務省

「日本航空学園」に評価額の1/8の価格で売却していたという事実が、判明しました。

学園は、約50年間、山梨の国有地を無断使用していたとされ、

財務省のずさんな管理が問題点として浮き彫りに。




問題となった土地は現在、学園が運営する日本航空高校のキャンパス内にあって、

パイロット養成用の滑走路などに使用しています。

今回のこのニュースについて、疑問点を上げるとすれば、

    ①なぜ財務省は、国有地の50年無断使用を放置したままだったのか

    ②安値売却に至ってしまったのはなぜか

の2つですね。記事を追って考えたいと思います。

すでに無断使用を把握 その後交渉再開まで50年…

そもそも、学園の土地無断使用が把握されたのは67年

無断使用の経緯や、当時の交渉記録は残されていないというのです。

学園によれば、80年代に国と学園が協議をしたものの、価格面で折り合わなかった、ということですが、以降、そのまま放置

それから時がたち、交渉が再開したのは12年。会計検査院に国有地の処理を促され、

やれやれ、と重い腰を上げるかの如く売却交渉を約50年ぶりに再開したのです。

…ということは、①の答えは財務省の怠慢。言うまでもありません。

続いて、②についてはどうでしょうか。

学園 長期占有により財務省に「時効所得」を主張

学園側は財務省の交渉再開に「これまで何も言ってこなかったのはおかしい」

「学校の施設なのだから寄付してほしい」

と不満をぶつけました。

ここで、学園側は「時効所得」を主張したのです。

「時効所得」を簡単にまとめると、

「所有の意思をもって、一定期間(20年または10年間)平穏かつ公然に他人の物を占有する場合、所有権を時効によって取得できる」

というものです。

この学園の主張に、財務省は

「妥協するしかなかった」

と話しています。

…ということで、②の答えは「財務省の怠慢」

こちらも明らかですね。

Twitter上のコメントからもわかるように、今回のニュースに呆れ顔のようで

いい加減にして下さい!

取得時効の主張が国相手に通ること自体がアウトだ・・・

まあ民法の規定からすれば仕方ないけど、わかっていて放置していたのはちょっとなとは思うな。

農地法とか森林法の手続きを経て滑走路を作っているはずで、その時に処理するべき事項。許可の段階で忖度したとしか考えられない。そもそも許可を得ていないならもっと問題だろ。

財務省=売国省ですか。
財務を扱う所がそれじゃあね
税金いくらあっても足りないんじゃないかな

職務怠慢で関係者に厳罰をお願いします

わかっていて無断使用し続けて、時効取得したからただでよこせって、こんなの学校法人にする必要があるの

あらあら

日本航空学園は、人の土地を勝手に使ってたのか!
こんな学校が( *`ω´)

愛国系の学校との癒着は今に始まったことではなさそうだ

はいアウトー

【まとめ】

やってることが、なんだかひどい。

忖度が疑われてしまいます。

第三者のチェックを受けるべきでしょう。

情報を細かく開示した方がよいと思いますが、いかがでしょう?