【任天堂】白猫プロジェクト 特許侵害でコロプラを提訴 44億円の賠償請求…(;’∀’)

任天堂は、人気スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」が

任天堂の特許権を侵害しているとして、

コロプラを相手取って、同ゲームの差し止め

44億円の損害賠償請求を求める訴訟を東京地裁に提起しました。

 

 

どの特許を侵害していたとするか、詳しくはわかっていませんが、

タッチパネル上でジョイスティック操作をする際の特許技術等、5件の侵害があった」

と、取材に対して任天堂は答えているそうです。

 




 

ちなみに、「タッチパネル上でのジョイスティック操作」は、

「白猫」の場合次のような画面上でのスライド操作のことのようです。

(通称「ぷにコン」)

 

一方、任天堂の方は、

 

コロプラは、2016年9月に任天堂から特許権侵害についての指摘があり、

1年以上話し合いを続けていたといいます。

「任天堂の特許権は侵害していない」

と主張していましたが、受け入れられず、今回の訴訟となったようです。

 

 

今後も「特許権侵害は一切ない」として、コロプラ側は争う姿勢を示しています。

多くの人が知るゲーム業界の裁判沙汰。

 

現在、ネット上で多くの反応が寄せられています。

 

白猫、任天堂から起訴されて44億円請求wwwww逝ったあああああああああああwwwwwwwwwww\(^o^)/

 

えええええ驚き

 

看板商品の危機!
どうなる?

 

特許持ってるんなら、ぷにコン並みに操作しやすいゲーム出せよ。いや、もっと操作性のいいゲーム出せるはずだろ。
くっだらないスマホゲームしか出せないくせに特許とかふざけんな。

 

コロプラはユーザー大事にしないもん。
任天堂なんか神対応で有名だし。
一度痛い目に遭っておいた方がいい。
頑張れ任天堂。

 

あーあ……たぶんGameoverだなこれは

 

えー・・・コロプラなにしとんねん(呆れ)

 

ぷにコンってCOLOPLの特許だと勘違いしていた

 

白猫…できなくなるのかな…
つらい(´・ω・`)

 

コロプラ終了のお知らせw

 

 

【まとめ】

任天堂はこれまで、数々の訴訟を起こしてきたようですが、

 

任天堂法務部は「最強」と称されているようで、

 

「白猫プロジェクト」がどうなってしまうのか、注目が集まっています。

 

今後の進展に注目したいところですね。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です