【コインチェック】なぜ仮想通貨不正流失? そして…まさかのあの芸人も被害に!? 

仮想通貨取引所「コインチェック」が26日、

 

 

顧客から預かっていたおよそ580億円分の仮想通貨が流失したという

 

 

とんでもない発表を行いました。

 

 

外部からの不正アクセスが原因とされています。

 

 

 

今回問題となったのは、「NEM」という仮想通貨。

 

 

今回の件を受け、コインチェックはこのNEMに加え、

 

 

すべての仮想通貨の出金を一時停止している状況です。

 

 

 

 

仮想通貨をめぐっては、2014年にマウントゴックスが

 

 

仮想通貨およそ480億円分を消失したとして

 

 

経営破綻に追い込まれたという事件も記憶に新しいところですね。

 

 

 

今回はこれを上回る額の流失事件となります。

 

 



 

 

では、なぜこのような大規模な流失事件が起きてしまったのか、

 

現在わかっている点について簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

推奨されたセキュリティー技術を導入せず運用

仮想通貨には、不正アクセスを防ぐための様々な技術を用います。

 

 

NEMという通貨には、国際団体が「マルチシグ」という技術を用いて

 

 

セキュリティー対策をするよう推奨していました。

(複数の電子署名を得ないと送金処理できない仕組み)

 

 

しかし、コインチェックはこのセキュリティー技術を導入していませんでした。

 

 

「他に優先すべきことがあった」

 

 

と大塚雄介取締役は会見で述べています。

 

 

 

また、取引所では大抵、不正アクセス防止のため、

 

 

仮想通貨の口座である「ウォレット」を

 

 

インターネットに接続されない状態でコンピュータ管理することが多いのですが、

 

 

コインチェックは常時インターネットに接続した状態でNEMを管理していました。

 

 

26日の記者会見で、

 

 

「(ネットに接続しない管理手法は)技術的に難しく、対応できる人材が不足していた」

 

 

と和田晃一良社長は述べています。

 

 

 

これにより、コインチェックの不十分なセキュリティー対策と、

 

顧客の資産保護が後回しとなっていた実態が明らかに。

 

 

今回のこの件、ネット上でもたくさん意見が出ていて、

カネはあったと思うよ。
多分。
無かったのは「見識」だね。

 

コインチェック問題を見た人の中には、仮想通貨とかブロックチェーン技術が危険と誤解する人もいるでしょう。今回の事件は明らかに管理不行き届きであり、技術の欠陥ではない

 

「マルチシグ」と「コールドウォレット」を後回しにした結果、クラックされた。

 

マルチシグ使わないで、常時ネット接続。信じられませんね

 

呆れる、ほんと呆れる…

 

ハイリスク=ハイリターンは分かるが、ハイリスク=ノーリターンは勘弁して欲しい。
ある意味「防げたはずの人災」

 

ネットに繋いでる時点でセキュリティに関する事項は最優先必須事項なのは素人でも見当つくはず。ましてや企業なら必要な人材くらい確保するのも仕事で責務だべ

 

と、仮想通貨そのものというより、

 

企業側の不正アクセス対策への意識の無さに批判が集中しているのです。

 

 

 

 

そして、今回の事件で、芸人さんが大きな被害を受けていたようで…

 

藤崎マーケット トキさん 「貯金すべてなくなりました」

…このようなツイートを発信しています。

 

ネット上での反応は

悠長なものだなぁ、貯金が無くなってもSNSに上げるなんて、自分には絶対できない。

 

ワイドナショーでの”川上・川下論”が話題になった直後にこれ…たむけんさんはもうある意味凄い。

 

よくやるよ。あくまでも仮想通貨ってことを考えないと。仮想なんて有って無いようなもんじゃん。
よくこんなのにお金出そうとか思えるよね。

 

…厳しい意見です。

 

【まとめ】

昨年、ビットコインの急騰に何かと話題となった「仮想通貨」。

 

その技術そのものはとても素晴らしいものです。

 

しかし、今回の件で仮想通貨へのイメージが悪くなるばかり。

 

大切なお客さんの資産を預かる取引所は、自分たちのことより

 

お客さんの資産を最優先して保護すべきではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です