続【コインチェック】金融庁が処分へ 顧客には補償を検討 約480億円を自己資金で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不正アクセスによって、約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流失した事件で、

金融庁は28日、仮想通貨取引所「コインチェック」に対し、

週内に行政処分を行うことを決定しました。




仮想通貨は、通常コールドウォレット(ネットワークから隔離された状態)で管理するのが一般的なのですが、

コインチェックは、仮想通貨すべてをホットウォレット(ネットワークに接続された環境)で管理していました。

昨年9月から同社は金融庁から不正アクセスのリスクがあるとして、

対策強化を求めてきましたが、改善されず。

(朝日新聞デジタル)

今回の件を受け、コインチェックは対象となる顧客およそ26万人に対して、

日本円で返金すると発表しました。詳細はこちら↓(補償時期やその方法については検討中)

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

その補償額は、およそ460億円自己資金でまかなうということです。

金融庁は今後、業務改善命令を出す方向で検討。

一部、業務停止命令も出す可能性があるとしています。

現在、Twitter上ではこの事件に関してコメントが殺到していて、

処分されたら返金できないとかいいそう

これはwww 「コインチェック?なんだそれ?」からの〜「俺がいないとお前はダメなんだよ・・・一緒に頑張ろうな・・・」コースw

おお!返金!素晴らしい!
あとは犯人を捕まえるだけですね。^^;

自己資金、そんなにあるのか

約460億円の減資自己資金があるのね・

どう考えてもそんなに自己資金ないだろ。今預かってる金を自転車操業か、有言不実行でドロンかどちらかしかない。どっちにしても絶望的。

460億を円で払える資金力って、そもそもどんだけ儲けてんだよ。580億円盗まれて460億円払うっつーことは1兆円が消えても事業継続できるってことでしょ?

580-460=120億円を懐に入れるのね

と、多くの注目を集めています。

【まとめ】

26万人もの資金が流失するという、信じがたい事件ですが、

資金管理の方法にも、多くの問題があったことがわかります。

仮想通貨という性質上、不正アクセスの対策を行うのは当然。

補償と今後の行政処分について、今後も注目しましょう。