車いすの物理学者ホーキング氏死去 難病が奪えなかった天才頭脳とは

車いすの物理学者、スティーブン・ホーキング博士が死去したことが、3月14日に明らかになりました。76歳。

 

ホーキング博士は、宇宙物理学の分野で多大な功績を残した、まさに「天才」物理学者です。

 

どんな点で、彼は天才だったのか?

今回は、そんなホーキング博士のこれまでの生い立ちや経歴を、探ってみようと思います。

 

 教育熱心な両親の間に生まれる

医学を学ぶ父と、哲学や経済を学ぶ母の間にホーキングは誕生しました。両親は教育に熱心であったようです。

 

父は、ホーキングをウェストミンスター・スクールと呼ばれる公立学校に入れようとしました。「ウェストミンスター寺院」は聞いたことがあると思いますが、その隣接に位置し、宗教的な雰囲気の中で教育が行われている、イギリスの名門校として知られています。

しかし、13歳のホーキングは奨学金のための試験を病気で受験できず、当初通っていたセントオールバンズ・スクールに通い続けます。

 

ホーキングは、大学で数学を学ぼうと決めていたようです。やがて、イギリスのオックスフォード大学に進学ますが、この大学では数学を選択することができなかったため、彼は物理と化学を学ぶことを決めたようです。

 

 



 

 

 学生である21歳の時に難病「ALS」と診断される

オックスフォード大学に17歳で入学し、その後ケンブリッジ大学大学院に進学したホーキングですが、その学生である21歳の時に

「筋委縮性側索硬化症」

と診断されます。通称「ALS」とよばれ、運動神経が機能しなくなることによって手足に力が入らなくなり、筋力は衰え、言葉も発することができなくなる難病です。医師からは「余命数年」と宣告を受けながらも、研究生活を続けます。

ホーキングは、宇宙の成り立ちやブラックホールに関する研究を行い、74年には

「ブラックホールの蒸発理論」

を発表します。彼の研究成果がたたえられ、74年にはケンブリッジ大学の教授職を得ました。

さらに79年、アイザック・ニュートンやポール・ディラックといった歴史上の名だたる物理学者が歴任した、ケンブリッジ大学の教授職の中でも最高の栄誉とされる、ルーカス教授職に就任。

ホーキングはアインシュタイン以後の最高の物理学者といわれています。彼の研究は、頭脳の中で行われていくのです。

 

 

実はホーキング博士はおちゃめな性格!?

そんなホーキング博士は、実はおちゃめな一面もあったようです。

 

日本に来日することが度々あり、93年には国内での講演会の合間に仙台市を訪問。東北大学の学生や教員らで博士を囲んで夕食をとった時、ホーキング博士は緊張していた学生たちを冗談で笑わせたそうです。どんな冗談だったのか、気になります…

 

 



 

 

ホーキング氏の訃報に世界で衝撃が走る 反応は?

今回のホーキング博士の死去に、世界中で衝撃が走っているようです。

 

 

Twitter上での反応を見てみましょう。

偉大な功績に敬意ををあらわします。

 

偉大な方でした…

 

ショック…。ホーキングさんの本、大好きでした。お悔やみ申し上げます。

 

💧💧💧またひとり偉人が😭😭😭

 

ああ…。
子どもの頃、ホーキング博士の宇宙番組が大好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。

 

 

また、自身もALSを発症し、現在日本ALS協会理事である嶋守恵之(しげゆき)さんは、

「ホーキング博士は『ALSは自分の研究にとって障害にはならない』と言い切り、優れた業績を残された。何も諦めなかった博士を見習い、私も自分らしく充実した人生を送りたい」

と、15日の毎日新聞の記事にコメントを残していました。

 

 

海外でも、

彼は21世紀最大の科学者だった!

 

ホーキングは伝説の男だよ。
彼の功績は誰もが忘れることはないだろう。

 

まさかアインシュタインと同じ年齢で、アインシュタインの誕生日に亡くなるとは・・・

 

といった反応…

 

えっ!?アインシュタインとそんな関連が?

 

確かに調べてみると、アインシュタインは1879年3月14日に誕生し、74歳で亡くなっています。

 

ホーキングはアインシュタインを敬愛していたといわれていますから、これには何かを感じずにはいられません。

 

ホーキングの死去に世界中が悲しみに包まれていますが、彼の物理学に対する情熱とこれまでの功績は、決して忘れ去られることはないでしょう。

 

 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です