専門知識不要! 今すぐできるwebライティング副業

webライティングは、自分が持つ知識を文章にすることでお小遣い稼ぎができる副業としておすすめです。具体的な仕事内容や長続きするためのコツをご紹介します。

 

時間や場所を選ばずに取り組める~テーマや条件は必ず守る~

Webライティングは決められたテーマや条件に沿って文章を作成する仕事で、作成した文章は企業や団体のwebコンテンツとして利用されます。

サグーワークス等のクラウドソーシングサイトに登録することで仕事を得るのが一般的ですが、無審査で登録可能なサイトが多いです。家事の合間や電車での移動時間など、時間や場所にとらわれずに副業に取り組めることがメリットですが、書いた文章の審査結果によっては報酬が得られないリスクが伴います。投稿確定(納品)時の推敲は確実に行いましょう。



Webライティングを長く続けるために~情報収集と集中力~

webライティングは頭脳を使う仕事なので、日常生活の中で接する体験やメディアを通じて幅広い情報を得ることが大切です。思いついたことを忘れないよう、メモに書き出しておくのも良いでしょう。

 

また、集中できる時間を確保するための工夫も必要となります。家族からの話しかけや不意の来客によってせっかくのアイディアが台無しになる恐れがあり、場合によっては文章のクオリティにも影響が及んでしまうからです。

 

副業中は話しかけないよう家族にお願いすることが、集中力アップへの第一ステップといえます。他にも、耳栓を使って外部からの音をシャットアウトするのもおすすめです。



Webライティングで毎月2万円稼ぐ人の体験談~家族との時間も大切~

「車を買ったからパートに出る」と言う子育て中の妻に負担をかけたくないと考えた結果、webライティングの副業にたどり着いた40代男性サラリーマンです。毎月2万円稼ごうと目標を立てたものの、ライティングを始めた当初はクライアントが要望するクオリティに達することができず、作成した文章の3割はお金になりません(非承認)でした。

 

文章を書くのが得意な私は少しだけ凹みましたが、文章力に関する本などを通じて技術を磨き、非承認にもめげす文章を書き続けた結果、3か月後には「書けばお金になる」状態まで成長できました。

ただ、子どもの泣き声で集中力が途絶えるのがライティング中の大きなストレスでした。そのため、本業からの帰宅後は家族との時間を確保した上で、20時には私が率先して子どもを寝かしつけるようにしたのです。

 

子どもが寝てしまえば自分の時間、ライティングの集中度を高めることができました。どうしても子どもが寝ない時は割り切ってライティングしないのも、ストレスを溜めないためのコツだと思います。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です