受験生や社会人にもおすすめ 圧倒的に記憶に残る効率の良い勉強法5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験生や社会人の方で、「勉強が苦手」「記憶力があまり良くない」といった悩みを持つ方も多いと思います。今回は、このような悩みを持つ方に、学習効果を格段に高め記憶に残る効率の良い勉強法5つをご紹介します。

これまで勉強で成果がなかなか出せなかったという方は、以下の方法の中からまずは一つ、試してみることをお勧めします。

思い出す

人は、インプットするときに記憶するのではなく、思い出すときに記憶に定着すると言われています。

そこで、勉強するときや読書するときなど、あらゆる場面で次のような工夫をしてみるといいでしょう。

  • 読んだ参考書・本について、一度ページを閉じて、書かれた内容を思い出す
  • 一度解いた問題の解法を頭の中で思い出す

また、学校などで活用できるノート術についてもこの方法を適用できます。

  • 黒板をただ板書するのではなく、学んだ内容を自分で再現してノートに記す
  • 勉強した参考書の内容を思い出しながら、ノートにまとめる

こうすることで、勉強した内容を頭に記憶することができます。



テストする

次に、記憶した学習内容をテストすることです。

どのくらいの頻度で行えばよいかというと、

  • 空き時間を使ってテストする
  • とにかく細かくテストする
  • 定着していない内容のテストを繰り返す

といった具合です。インプットしたら、時間を活用して記憶に定着しているか常にテストしましょう。脳の性質上、大切だと思わせることができれば、長期的な記憶につながるようになっています。

徹底的にテスト、テスト、テストです。

間隔をあけて反復練習する

さらに、記憶を長期化するうえで欠かせないのが「間隔反復練習」という方法です。

脳には、1度に定着できる記憶の量には限界があると言われています。なので、間隔をあけて反復をしていきましょう、というのがこの「間隔反復練習」です。

まとめると以下のようになります。

  • 覚えておきたい内容は、間隔をあけて勉強する
  • 一度に覚えようとするより、ちょっと覚えて、ちょっと復習して、の繰り返し

大事なのは、一回で多くのことを記憶しようとしないことです。

勉強することを筋力トレーニングに例えましょう。一度に100回の腕立て伏せを行うより、1度に10回の腕立て伏せを10回に分けて行うほうが、無理なく、効率よく筋力を鍛えられます。

脳も、これと同じく一度の記憶量、学習量には限界があることを覚えておきましょう。



複数の解き方を使う

この方法は、特に受験生が数学を習得する際にはとても有効な手段です。

  • 複数の解き方で解いてみる

もっと別の方法で解けないだろうか、と考えます。

また、他の勉強を効率よく記憶し、学習効果を高めるためにも、参考書や本を普段勉強しているときと同じ順番で解いたり、見直したりするのではなく、

  • ランダムにいろいろな問題を解く

ことも非常に学習効果が高いとされています。つまり、「脳に刺激を与えていく」ことが大切だということです。

復習する際には、いつも同じ方法ではなく、違った方法で、細かく、ランダムに見直しをしてみると、学習効果は絶大です。

子供にもわかるように説明する

そして、学習効果として非常に優れている方法が

  • 子供にもわかるように説明する
  • 誰かに教えるつもりで勉強する

というものです。

実際に誰かに教える必要はありません。今学んで得た知識を、「もし10歳くらいの子供に教えようとするなら、どのように教えるか」といったことを考えてみましょう。

そのためには、「簡単な表現に変えて理解する」ことが必要です。そのための良い方法は、「例え」を考えてみることです。

  • わかりやすい説明を考える(例えを用いる)
  • 他人に説明するつもりで理解する

こうすることで、自分の知識に確実に定着するようになります。でも、実際に他の人教えるつもりで解説してみると、意外に理解が浅かったり、説明できるほどに自分に落とし込めていないことがあるのです。まずは、他の人に説明できるようになるまで、とことん簡単な表現で理解することに努めましょう。

まとめ 今日から実践してみよう

以上、まとめてみると以下のようになります。

  • 思い出す
  • 常にテストする
  • 間隔をあけて反復練習する
  • 複数の解法を用いる・ランダムに問題を解く
  • 子供にもわかる説明をする・他人に説明するつもりで理解する

勉強法は、方法を知るだけではなく、実際に試してみることが大切です

「へぇー、そうなんだ」

で終わらせては意味ないですよ。

そう、勉強法を知るだけでは、結果はついてこないのです。実際に取組んでみること、そして自分で工夫してみましょう。